補聴器の選び方で迷っているなら!まずは専門店に相談しよう

自分に合った補聴器の選び方【カウンセリングや検査をもとに相談】

Hearing.Infomation

補聴器の選び方で迷っているなら!まずは専門店に相談しよう

耳

性能によって異なる値段

補聴器の選び方のポイントは、まずは自分の症状をチェックして、それをサポートしてくれる自分に適した補聴器を選ぶことがポイントです。また、補聴器の性能によって値段も異なってきます。一般的な目安としては片耳5万円からあります。性能と合わせて予算も決めておくことが必要です。

補聴器

相談しながら選んでいく

補聴器のタイプとしては、耳あな型・耳かけ型・ポケット型があります。目立ちにくい耳あな型も人気ですが、電池の交換には多少慣れが必要です。それぞれの補聴器の性能や特徴を知って、使いやすいタイプを選びましょう。

男性

しっかりカウンセリングを

補聴器を購入するときは、まずはしっかりと販売の担当者とカウンセリングを行います。その後に聴力測定を行い、それをもとに自分に合った補聴器を選んでいきます。要望によってはオーダーで補聴器を作ることも可能です。また、購入後のサポートも考えて自宅から近いお店を利用することがおすすめです。

デジタル補聴器とアナログ補聴器の違いとは?

デジタル補聴器

最近の補聴器は、ほとんどがデジタル補聴器となっています。コンピュータが内蔵されていますので、微調整ができるようになりました。会話を行う中での雑音を軽減したり、音量の調整なども細やかにできるので耳の状態によって柔軟に対応できるようになっています。

アナログ補聴器

以前まで主流だったアナログ補聴器ですが、デジタルに比べると音の処理が比較的簡単になります。細かな調整ができない分、調整器の数も少ないので、アナログ補聴器でも性能や機能に問題がなければ十分効果的です。

広告募集中