自分の症状をチェック!【適した補聴器を選んで正しく使おう】

Hearing.Infomation

聞こえづらくなったら・・

加齢などによって人との会話や音声などが聞き取りにくくなってくると、生活に不便を感じてしまいます。そこで、以下の項目に当てはまる症状があれば、補聴器の使用を検討してみてはどうでしょうか。

こんなことがあれば補聴器の検討を

  • 2人以上の会話が聞き取りにくい
  • 会話の聞き返しが多くなった
  • 周囲の話がはっきりと聞こえない
  • TVなどの音声、セリフが聞き取りにくい
  • 相手が正面を向いていないと聞こえにくい
  • 電話の着信音に気づきにくい
  • 自動車・電車内での会話が聞き取りにくい

聞こえやすさをサポート

聞こえにくさも人によってタイプが異なってきます。補聴器を付けることによって聴力をサポートし、会話がスムーズになるだけでなく危険を察知できるようになるので安心です。まずは自分のタイプを知って、適した補聴器を選ぶことが大切です。

人気の補聴器とは?

カウンセリング
no.1

カナルタイプ

一番人気の補聴器は、カナルタイプでスタンダードな型です。形は小さいのであまり目立ちませんが、取り出しもしやすいので扱いやすさが人気となっています。

no.2

マイクロカナルタイプ

二位は補聴器の中でも一番小さいマイクロカナルタイプです。耳の奥へ装着するので外から見てもほとんど気になりません。軽度の難聴の方にもよく選ばれています。

no.3

RIC型

三位は、耳掛けタイプのRIC型です。耳を塞がないことによって外部の音が自然にきこえますし、補聴器を付けた時の耳の違和感が気になる方にはこちらが人気となっています。

聞こえにくいと感じたら補聴器を検討~症状に合った選び方~

耳

まずは耳鼻科に相談

補聴器を選ぶなら、まずは耳鼻科へ行って相談をしましょう。症状によっては補聴器を付けずに治療によって改善していくことも可能です。また、その際に話が聞き取りにくいことが心配なら、家族と同伴で受診すれば聞き逃しもなく安心です。

医者と看護師

補聴器を試してみる

自分に合った補聴器を付けることで、生活への支障も軽減されてきます。選び方としては、購入する前に実際に色々試してみることが大切です。店頭だけでなく、外に出て聞こえやすさをチェックしましょう。

コミュニケーションを円滑に

聞こえづらさを解消することによって、人と会話もはずむようになりますし、コミュニケーションがスムーズになります。好きなTV番組も楽しむことができますので、悩んでいる方は一度補聴器の使用を検討してみてはいかがでしょうか?

広告募集中